--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆずり葉

2010年12月02日 20:00

久しぶりの更新となってしまいました。
おかげさまで私達もなつけんも元気にしています。



先日、唐突にある詩の存在を思い出しました。
確か小学校高学年の頃の教科書に載っていた詩。
当時の私は音読したくないくらいこの詩が大嫌いだったので
かえって強烈に印象に残っていたのかもしれません。
不吉で、とても恐ろしく、心細く感じ、
「私は何もいらないから、そんなこと言わないで!」
という気分になったことを覚えています。



***************************



『ゆずり葉』 河井酔茗 作


子供たちよ。
これはゆずり葉の木です。
このゆずり葉は
新しい葉が出来ると
入り代わって古い葉が落ちてしまうのです。

こんなに厚い葉
こんなに大きい葉でも
新しい葉が出来ると無造作に落ちる
新しい葉にいのちをゆずってー

子供たちよ
お前たちは何をほしがらないでも
すべてのものがお前たちにゆずられるのです
太陽のめぐるかぎり
ゆずられるものは絶えません。

かがやける大都会も
そっくりお前たちがゆずり受けるのです。
読みきれないほどの書物も
幸福なる子供たちよ
お前たちの手はまだ小さいけれどー。

世のお父さん、お母さんたちは
何一つ持ってゆかない。
みんなお前たちにゆずってゆくために
いのちあるもの、よいもの、美しいものを、
一生懸命に造っています。

今、お前たちは気が付かないけれど
ひとりでにいのちは延びる。
鳥のようにうたい、花のように笑っている間に
気が付いてきます。

そしたら子供たちよ。
もう一度ゆずり葉の木の下に立って
ゆずり葉を見るときが来るでしょう。



***************************



さすがに大人どころか中年になった今では
この詩の見方も変わりました。



先月のこと、病室の窓から母と一緒に眺めた山並み。

1119.jpg

こんな快晴は年に数回あるかないかというくらい晴れた日に
母は天国へ昇っていきました。



母の生き方はゆずり葉そのものでした。


関連記事


コメント

  1. ゐたう | URL | JeDU8A0E

    みいさん

    なんとお声をかけていいのかわかりませんが
    ゆずり葉のようなお母様をお持ちになられたみいさんは
    とっても愛されてお幸せですね♡
    そしてこのような美しい晴天の日に旅立って行かれた
    お母様はやはりゆずり葉の人、そのものだったのでしょうね♡

    みいさんトコのなつけんちゃん、
    いっつも可愛くてキレイで幸せそうで
    愛情たっぷりに大切にされているのがよくわかりましたけど
    みいさんがみいさんのお母様から受けた愛情をそのまま
    みいさんもなつけんちゃん達に注いでたんですね♡

    なつけんちゃん、みいさんのことよろしくね。
    みいさん、あまりご無理なさらないでくださいね。
    そして、いつも素敵なブログをありがとうです♡

  2. MOCOまま | URL | S8GKf0dQ

    ゆずり葉・・・
    教科書に載っていたの思い出しました。。
    当時はあまりよくわからなかったけれど、
    理解できる歳になりました。
    見渡す限りの秋の快晴の風景ですね・・・
    お母様のご冥福心よりお祈りいたします。
    みいさん、お身体どうぞご自愛くださいませ。
    なっちゃん、けんけん、みいママをよろしく頼むねっ

  3. ange母 | URL | mQop/nM.

    ひさしぶりにブログをのぞいたら、
    お母様旅立たれたのですね。
    ゆずり葉の詩私は知りませんでしたが感銘を受けました。
    大きくやさしく厚い葉に守られてみいさんは育ったのですね。
    お母様のご冥福をお祈りします。
    どうぞお力を落とさずに、そしてしばらくゆっくり休んでください。
    美しい詩に感謝します。

  4. ちょび母 | URL | mQop/nM.

    私もこの詩、記憶にあります。みいさんとおなじように、教科書で見たのかもしれません。
    お母様のご冥福をお祈りいたします。青く澄んだ空だから、天国への道中、下界の景色もよく見えたでしょうね。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. みゆたま | URL | mQop/nM.

    みいさん、お久しぶりです。
    突然の悲しい知らせに、胸が痛みます・・・。
    病室からの写真、真っ青な空、遠くに見える山々、山には白い雪がかかって・・・私の田舎の風景ととてもよく似ているので、みいさんの小さかった頃をふと想像して、自分のその時代とだぶらせていました。
    お母様のご冥福をお祈りします。

  7. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  8. みい | URL | cyCutRmA

    どうもありがとうございました。

    ゐたうさん
    MOCOままさん
    ange母さん
    ちょび母さん
    みゆたまさん
    非公開コメのお二方、
    お返事が遅くなりまして大変失礼いたしました。

    亡き母へお心のこもったお悔やみの言葉をいただきまして
    ありがとうございました。
    母に成り代わりまして御礼申し上げます。
    穏やかな時間も辛い時期もあった闘病生活でした。
    まだがんばってくれるものと信じておりましたが、
    最期は眠るように旅立ちました。
    私には子供がおりませんので母のような役目は出来ませんが
    違った形でいつかは誰かのゆずり葉になりたいと思っています。
    母の遺してくれた形無いすべてのものを心に刻みつつ
    これからの人生を大切に過ごして行きたいと思います。
    今後とも宜しくお願いいたします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。